2016 ジョエル・ゴット サンタ・バーバラ・カウンティ シャルドネ

ワイナリー

ナパを訪れた人なら誰でも一度は立ち寄るであろう人気No.1のカジュアルレストラン"Taylor's Refresher"(現在の店名はGott's Roadside)。評論家ロバート・パーカーがこの店のアヒバーガーを「世界一のハンバーガー」と絶賛し、「有名醸造家に会いたければワイナリーではなくランチタイムにここに行け。」と言われるこの人気店はいつも長蛇の列で泣く泣く諦めた経験のある人も多い。ジョエル・ゴットはこの店を始めカリフォルニアで数軒のレストランを展開し人々の舌を楽しませている。彼が造るこのワインは、「コストパフォーマンス=満足」の図式を知り尽くす者ならではのクオリティ。ジョエルの妻であり、Quintessa、Joseph Phelpsなど超一流ワイナリーの元敏腕ワインメーカーでもあるサラ・ゴットが醸造を手がけ一躍大人気ワイナリーとなっている。単一品種や生産エリアにこだわる風潮がある中であえてレベルの高いクロスリージョナルブレンドによりコストパフォーマンスの高いカジュアルワインを造り出すことに成功している。

ワイン

ジョエル・ゴットがサンタ・マリア・ヴァレーに近い複数の契約畑の良質なブドウを使って造る本格派のシャルドネ。朝は冷たい海風と霧の影響を強く受け、午後は豊かな陽光に包まれる。この昼夜の大きな寒暖差が生み出す良質な酸味と爽やかな果実感、それを包み込む豊かな樽の風味のバランスが素晴らしい。

醸造

契約畑 / 発酵・熟成: ステンレスタンク、フレンチオーク(13%新樽)にて

ティスティング・ノート

アペラシオン

Santa Barbara County

品種

Chardonnay

サイズ

750ml

コルク

アルコール度数

14.1%

MLF

50%

UPC

188985000984

ボトル

8.5 x 29.5cm (1.4kg)

ケース

34.5 x 26.0 x 30.5cm (16.9kg)