2014 ブラックスミス スタッグス・リープ・ディストリクト メルロー

ワイナリー

創業者マット・スミスは大学時代ボーリュー・ヴィンヤーズのラボで研修をした。ワインメーカーと過ごすうちワイン造りへの情熱が芽生えたマットは卒業後、ダッシュ・セラーズや当時ダッシュとワイナリーを共有していたJC セラーズで研鑽を積んだ。マットは他のいくつかのワイナリーからもオファーを受けていたが、彼らの徹底した品質重視のワイン造りに魅了され、そこで働き続けることを選んだ。2013 年彼はアラメダで自らのワイナリーをスタートし、ユニークな手造りのワインをいくつか手掛けている。2017年の現地での商品リサーチの際、カベルネの価格高騰が続くナパ・ヴァレーにあって素晴らしいコストパフォーマンスを持つ彼のワインを発見し、リリースとなった。マットは日本の文化にも強い思いを持っており、彼の娘は2017年現在日本の大学に留学している。

ワイン

冷涼なスタッグス・リープ・ディストリクトのメルローを使い、エレガントさと複雑さを表現した1本。約半分のブドウは破砕せず、2%のカベルネを加えることにより深みと複雑さ、スパイシーな風味を与える。

醸造

契約畑 / 発酵: 0.5tプラスチックタンク 熟成: フレンチオークにて19ヶ月

アペラシオン

Stags Leap District (Napa)

品種

98% Merlot, 2% Cabernet Sauvignon

サイズ

750ml

コルク

アルコール度数

14.5%

UPC

891269000586

ボトル

8.0 x 30.0cm (1.6kg)

ケース

33.5 x 25.5 x 31.0cm (19.3kg)