2014 レオ・スティーン ジュラシック・パーク・ヴィンヤード シュナン・ブラン

ワイナリー

料理人だった父の影響を受け、幼い頃からワインと食に造詣が深かったデンマーク人のレオ・ハンセンはコペンハーゲン初のミシュラン星付きレストラン、Kong Hans にてワイン・ディレクターとして勤務していたが、ワインの買い付けのため訪れたカリフォルニアに魅せられ1999 年に移住した。昼はワイナリー、夜はソムリエとして働きながら化学、栽培学、醸造学などを学び、アレキサンダー・ヴァレーで高い評価を得ていたStuhlmuller Vineyards にてワインメーカーとして活躍した後2004 年自らのワイナリーを設立、偶然にも彼のミドルネームであり南アフリカにおけるシュナン・ブランの呼び名でもあった"STEEN" にちなんだ名を付けた。ドライ・ファーミングや自根のブドウ畑にこだわり、野生酵母による発酵、新樽を控えアルコール感の穏やかなより自然に近い手造りのスタイルを一貫して磨き上げ、エレガントでフード・フレンドリーな味わい深いシュナン・ブランを少量造る。彼のワインは土地の風土を映し出す新時代の生産者を紹介する著書として大きな話題を呼んだ "The New California Wine" (Jon Bonné 著)にも取り上げられた。カリフォルニア今起きている大きなうねりを感じさせる生産者のひとり。

ワイン

1982 年に植樹された自根のブドウ畑は標高約300m の丘に位置し、水はけの良い石灰混じりの砂質土壌によって果粒の小さなブドウが育まれる。複雑さとテクスチャの豊かさがありながらエレガンスを備えた素晴らしい1 本。生産量165 ケース。

醸造

契約畑 / 発酵・熟成: コンクリートエッグにて11ヶ月、その後古樽にて5ヶ月

アペラシオン

Santa Ynez Valley (Santa Barbara)

品種

Chenin Blanc

サイズ

750ml

コルク

アルコール度数

13.0%

MLF

100%

UPC

NONE

ボトル

8.5 x 32.5cm (1.3kg)

ケース

34.5 x 26.0 x 33.5cm (16.8kg)