ブラックスミス

素晴らしいコストパフォーマンスでナパ・ファンを魅了する手造りのワイナリー

創業者マット・スミスは大学時代ボーリュー・ヴィンヤーズのラボで研修をした。ワインメーカーと過ごすうちワイン造りへの情熱が芽生えたマットは卒業後、ダッシュ・セラーズや当時ダッシュとワイナリーを共有していたJC セラーズで研鑽を積んだ。マットは他のいくつかのワイナリーからもオファーを受けていたが、彼らの徹底した品質重視のワイン造りに魅了され、そこで働き続けることを選んだ。2013 年彼はアラメダで自らのワイナリーをスタートし、ユニークな手造りのワインをいくつか手掛けている。2017年の現地での商品リサーチの際、カベルネの価格高騰が続くナパ・ヴァレーにあって素晴らしいコストパフォーマンスを持つ彼のワインを発見し、リリースとなった。マットは日本の文化にも強い思いを持っており、彼の娘は2017年現在日本の大学に留学している。

このワイナリーからのワイン

2014 ブラックスミス  C.L.R.T.  ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン

2014 ブラックスミス C.L.R.T. ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン

価格高騰が続くナパにおいてオークヴィルのブドウを使った5000円以下のカベルネは非常に貴重である。しっかりとした深い果実味、滑らかな口当たり。ナパのワインが気軽に飲めた佳き時代を思い出させてくれる。

Details
¥ 4,500 希望小売価格 (税別)