ウィンド・ギャップ・ワインズ

冷涼さと複雑さをもつ古くて新しいカリフォルニア・スタイル

かつて評論家たちから高い評価を受けたリッチなシラーで一世を風靡したパックス・マーリの新しいチャレンジは、意外にも冷涼エリアのブドウを使った滋味深いクラシック・スタイル。冷涼なソノマ・コーストのブドウを中心に毎日のディナーとともに楽しめるエレガントな味わいを追求する。野生酵母により醸しだされる深く複雑な味わいは冷たい沿岸の海風を思わせる。ピノ・グリで造るオレンジワインやロシアン・リヴァーのほとりに残る忘れ去られたトゥルソー・グリの畑、パソ・ロブレス西部の石灰土壌で育つシャルドネなどに目を向け素晴らしい品質のワインを造る。彼の探求心はとどまるところを知らない。